都会or田舎、住むならどっち?


田舎派ですね。

田舎にしか住んだことないからですね(笑)

都会にも住んでみたいと思うけど、なんか取り残されそうでちょっとこわい。

電車も高速もないけど、私には鹿屋がちょうどいい。

「日向ひょっとこ夏祭り」というイベントをご存知ですか?

私は2,3年前に日向市観光協会から"ひょっとこグッズ"を借りたご縁で知り、それから毎年毎年思いを馳せていたお祭りです。

私たちの鹿屋市からおよそ車3時間。

遠いと言われれば遠いですが、道中の車窓からは夕焼けや海がきれいに見え、とても素敵でした。

この「日向ひょっとこ夏祭り」は宮崎県日向市において「ひょっとこ」の全国大会と言われ、その名の通り全国から「ひょっとこ愛好家」が集まってるんです。
みんながみんな、ひょっとこだけど顔の違う面をつけて、おもしろおかしく踊ります。

面白いですよ。ひょっとこだらけなんです。
右見ても左見ても、後ろを振り返っても。

個人戦もあって、パレードを見に来たお客さんたちが、「この踊りいいぞ!」てな人に、木でできたメダルをかけるんです。そのメダルの数を競うんですが、上位はその数40個以上!首からさげておくのも重そう!

ちっちゃい子供さんの踊りはなんともかわいくて、おじ様たちの踊りはエロエロで刺激が強くて。

耳に残る笛の音。
今でも口ずさむと情景が浮かびます。





ゴールデンウィーク、1泊2日で宮崎へ行ってきました。
宮崎観光ホテル、川に降りていく夕日がきれいで、とても落ち着けました。
前日にキャンセル待ちでやっととれた部屋は、兄弟3人でダブルベッド。仕方ない。

私以外は全員韓国の方です。
ローターアクトの活動の一環で、韓国人アクターの日本ホームスティのボランティアをしてきました。
私たちローターアクトのメンバーの数をはるかに超える韓国人の数に驚きました。
部屋で一緒に一夜を過ごし、温泉に入り、充実した時間が過ごせました。お別れの時には「あなたと一緒でよかった」って言ってもらえて、感激で涙々でした。
言葉は、まったく通じませんでした。『冬のソナタ』を愛する会には入っているつもりでしたがまったく通用しませんでした。『冬のソナタ』っていう単語自体も伝わらなかったです(笑)
もう少し勉強して、準備しておけばよかった。ちょっと心残りです。
ちなみに、韓国では私は20歳でイケるそうです。韓国では。
熊本です。
自衛隊通りから第二空港線に入って、自衛隊を過ぎて、一休や浜勝の並びにあります。
-”ふるさと”からの贈り物-っていうだけあって、野菜や豆腐などヘルシー食材を使った料理がたくさん並ぶ、バイキングのお店です。
最近、こういうお店、増えてますよね。
私はバイキングとなると、あれも食べたいこれも食べたいって目移りします。デザートやコーヒーまで制覇しないと、やり残した感が残っちゃいます・・・これって、性格出ますよね。6名で行ったんですが、もう、バッラバラなんですよ。みんな個性的で。一皿大盛パスタの人や、「え?コロッケ好き?」と突っ込み入るくらいのコロッケ中心セレクトの人も。
明るい店内でみんなでワイワイ、自然と話も盛りあがりそうなゆったりとした時間をすごせるお店です。

このキャラクターカップで飲むコーヒーが、たまらなくイイんです。

ごちそうさまでした。
東京に行ってきました。
異業種の方々、年齢幅色々な方とビジネスのお話ができて大変勉強になりました。
東京の夕焼け、完璧になめていました。「鹿屋のほうがすごいもん。」て思ってました。
太陽は偉大。自然てすごい。
東京の夕焼けも、すばらしかったです。


ちなみに2日間の滞在で、一番おいしかったものが「ばくだん焼」。たこ焼きのお化けみたいなものでソフトボールくらいの大きさはある。お餅とか、うずらの卵とか、10種類の具が入っていて外はカリッ中はトロッ。全国22店舗あるようです。

大都会では、edyをはじめとする電子マネーの浸透率がすごい。田舎じゃまだまだ・・・コンビニか、他のお店でも「あっここ使える!」って喜んで使いたがるくらいのレベルじゃないですか。東京じゃ、コーヒーを飲んでも買い物してもそこら中でシャリンシャリン聞こえてきます。本当に驚きました。

あとは、港区の「みなとタバコルール」。歩きタバコをする人がいなかったり、決まった場所で喫煙するなど、マナーがいいですね。
田舎者が見習うべきポイント、たくさんありました。


ローターアクト、2720地区年次大会に行ってきました。in 熊本。
今回のテーマは「evangelist」。「伝えよう」です。

講演では暴走族から和菓子職人になったという片岡圭助さんの貴重なお話を聞きました。
地元ではラジオのDJもされていて有名人らしく、かなり軽快なトークで(それも和菓子を作りながら)、とても勉強になりました。魔法のように作り出される和菓子は、キャラクターだったり、果物だったり、花だったり。何もないところから物を生み出す姿が素敵なんです。

2日間の日程のなか、ボランティアの一環でペットボトルのふたを集めました。普段、”燃えないゴミ”で捨てる、あの部分。
アレがですね。600個で発展途上国の子供たちのワクチンが1つ買えるそうなんです。
2日間のこの活動で約130人分の命が救えたと報告がありました。
何気なく捨ててる、あの部分。見直してみてはいかがでしょうか。
これだけじゃないんですよね。空き缶をスチールとアルミと分けるとか、ペットボトルのフィルムは必ずはがすとか、出来ることたくさんあるはずなのに、日々やっぱり何気なく捨ててしまう自分がいます。
1個のことから徹底していこうと思います。

このことを、ここで伝えられた私も、「evangelist」ですよね。

東京だと、月もあんまり目立たないんですね。
水族館と名のつく水族館に行ったのは、初めてかもしれません。

今までに行ったところといえば、動物園の中にある魚のいるコーナーだったり、遊園地の中にあったり。

生き物は大好きです。水族館、かなり癒されました。
まず、マンボウのやる気のなさ。

話しかけても、なんも反応なし。

きれいに清掃された水槽は、水の中にいるとは思えないほど。


イルカはやっぱり頭いいんですね。
すごいイルカショー。
当たり前のように、先頭に座って「水がかかりますよ。」って言われても、
「かかってこい!!」な勢いで、逆に濡れるのワクワクしながら見ました。


このほかにも、アシカのショーもペンギンのお食事タイムもとっても可愛かった。

夜開いてるから、仕事が終わってから行けるのもすごく良いですね。
1