赤鶏さつまのモモ肉のコンフィは、鹿鳥食品渾身の自信作です。


フランス料理の調理法を参考に
モモ肉に塩やガーリックなど香辛料をすり込ませたあと、貴重な鶏からとった鶏油で低温でじっくりと煮て火を通します。


「工場でここまでするんですか?」と、驚かれる鹿鳥食品らしい商品です。


たくさん作れないし、材料が揃わないと作れないのでお目見えするのは年に1、2度…。kentmamanに並べるとすぐになくなってしまう幻の商品です。

この赤鶏さつまモモ肉のコンフィ。

今週、限定ランチで30食。お持ち帰り用で20袋ご用意しました。
しました。
したんですが、
なんと今日だけでランチはコンフィ23食出てしまいました。
お持ち帰り用も残り15袋。

お持ち帰り用は小包装にしており、湯煎やレンジで温めてお召し上がり頂けます。
私のオススメは焼いて食べる。
解凍して、皮面から強火でパリッと!!!
絶品です。

ランチではソースをクリーム仕立てにしました。
お客様大絶賛で、皆さん大きなモモ肉1枚ペロリ。でしたよ。



絶対期待を裏切りません。
私が太鼓判を押しますので、皆さん、お早めにお試しください(^^)。
美味しいですよ〜。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL