現在霧島市となった旧牧園町で始まり、今年で12回目を数える「龍馬ハネムーンウォークin霧島」。
1866年。土佐の坂本龍馬がその妻お龍を連れて、京都伏見寺田屋事件で負った傷を癒しに霧島の温泉を訪れ、それが日本で初めての新婚旅行とされるのがこのイベントの名前の由来です。
3月15日(土)・26日(日)の二日間に渡って行われたウォーキング大会は、全部で5つのコースに別れ、それぞれ約10kmから約23kmを歩きました。
前日には、「明日はがんばってウォーキングゥ(エドはるみ風)。23キロ歩くぞー!」なんて言ってましたが、当日になると怖気づいて10キロコースに急遽変更。
普段、まったく運動をしない私。なめてました。なめまくりです。
歩き始めると登山コースではないものの、ありゃ登山だろというようなアップダウン。半分くらい歩いたとこから、膝がガクガクでした。
でもね、がんばった分感動も大きくて、知らなかった霧島をたくさん知ることができました。

キノコ型の人が休憩できる場所。かわいい。右は温泉の湯気モクモク。

一番の感動がコレ!!!!!
山の中に、白い川・・・じゃない!温泉なんです。コレこそ天然温泉!

お昼は奮発。隼人で捕れた天然車えびの天丼と薩摩汁。

もって帰りたいハネムーンウォークの旗。  馬の街灯がかわゆい。


何年か前に23キロコースに挑戦したとき、ちょうど和気公園のところを歩いているときに、一緒に歩いたおじ様がいたんです。いろいろ話をしながら、和気藹々と。後で聞くと、その方は当時の牧園町長。現在の霧島市長前田終止氏でした。なんとも気さくで活気に溢れる方で、とても思い出に残ってるんです。今回のハネムーンウォークでは、坂本龍馬に扮した前田市長と、お龍のミス霧島と一緒に写真を撮りました。


歴史を振り返りながら、美しい景色に包まれて歩く。気持ちがいいものです。ハネムーンウォークという発想もロマンチックです。毎年、新婚さん1組が龍馬とお龍役に選ばれてその格好で歩くとか。是非、私もいつかはお龍に!
「いぶすき篤姫館」に行って来ました。

以前ご紹介した"こころの湯"の隣にある「なのはな館」の中で催されています。
中はそう広くはないのですが、篤姫の生涯をたっぷりと知ることができてとても満足です。強く賢明な女性・篤姫に、とても憧れます。ドルフィンポートの篤姫館はさらに規模が大きいようなので、早く行ってみたいな。

篤姫や江戸城無血開城を語れるほど知らないしもっともっと知りたいなと思うので、これから本を読んでみます。絵と写真の多いやつ。
篤姫を巡る旅は、今和泉駅や古い町並み散策も楽しい。
古い珍しいポンプの写真を撮っていたら、第一村人っぽいおじいちゃんに「こげなんとぉ撮って、いけんすっとよ?(こんなの撮ってどうすんの?)」と声をかけられました。


指宿へはもう一つ目的があって、”ソラマメ狩り”がしたかったんです。先日ラジオで「ソラマメ狩り」って初めて聞いて、行ってみたくなって。雨で断念したんですが、できれば今年もう一回行きたいな。シーズンはいつくらいまでなんだろう。ソラマメ博士がいたら教えてください。
噴火です。大噴火。

最近活動が活発な桜島が噴火しました。
仕事で鹿児島市内に向かう途中、火山灰の影響で垂水市では20m先が見えないくらい視界が悪かったです。深い霧と同じように一面が真っ白(んー薄いグレー?ベージュ?)なんです。
慌てて助手席の弟に車内から撮ってもらった写真、「もくもく」が伝わるかな?
桜島の火山灰は、風向きによって降る場所が変わります。だいたい冬は私たちの大隅地方に、夏は鹿児島市の方に降ることが多いようですが、ここ数年はめっきり降らなくて存在を忘れてたくらいです。学生の時、火山灰が降ると紺のセーラー服に点々と跡がついて取れなくなって困ってたことを思い出します。灰雨とか最悪ですよ。
この火山灰って、顕微鏡で見るとガラスの破片みたいに鋭く尖っているらしいですね。だから、車についたからといって安易にワイパーで掃うと傷がつくし、火山灰を吸いすぎると体に良くないって。

でも、こんなに困ったちゃんの火山灰も桜島も、なぜか好きで好きでたまらないのです。




世界一小さいみかん。桜島小みかん。
小ささ伝わりますか?
ほんっとに小さくってかわいいんです。
みかん界の赤ちゃんですよ。
こんなに小さいのに、しっかり甘くて、種が大きいんです。
桜島出身の森田常務の差し入れです。
車が10台乗るだろうか...くらいの指宿と大隅地方錦江を結ぶ小さなフェリーに乗って指宿 こころの湯に行ってきました。
乗るときはバックで。


岩盤浴や岩塩浴、白雪の蔵という名の−10度くらいのアイスルームなど、温泉だけでなく癒しの空間も充実していてとてもゆっくりした時間を過ごすことが出来ました。
エステや整体、あかすりも人気のようです。
60分の全身アロマオイルマッサージをしてもらいましたが、こういう時って、女の子でよかったぁと思いますね。

指宿と大隅(錦江町)。
フェリーで40分と、意外に近いです。
日帰りの温泉いかがでしょうか?
次回は砂むし風呂に入りたいな。
さらば指宿。


これは鹿屋の空、夕暮れと飛行機雲。

赤を映す雲。今日も1日終わりです。

鹿児島空港国際線。
今日用事があったのは、妹を見送りにきた国内線ですが。

国際線は
ソウルに週3便、上海に週2便飛んでいます。(H19.09.02現在)
私はここからソウル行きの飛行機に乗ったことがあります。
1時間半でついちゃうくらい近いです。

もっともっと身近に利用したいものですね。