鹿屋のバラ大使、哀川翔さん主催の「哀川翔チャリティゴルフ」に参加しました。

間近で見る哀川翔さんは、想像よりも背が高くて細くて、かっこいい!
今回集まった益金は、翌日の鹿屋バラ祭りで鹿屋市に贈呈されるとのこと。本人提供の哀川翔グッズのチャリティーオークションも催されるようで、アニキの心意気と市民の心を掴む力に圧倒されます。すごい。

久しぶりに天気は快晴。
結果は、敢闘賞もブービー賞も取れない、3位(後ろから)。
でも、賞よりも翔と撮ったツーショット写真がうれしい私です。



2008.05.25
焚き火ライブでした。
今回は4品出品。チーズチキン大葉巻と、豚のとろーり三色巻と、ごぼうの唐揚げと、いきなり団子と。
初参戦いきなり団子は、熊本の名物で、一口食べるとお芋とあんこがいきなり出てくるのが特徴。それを言っちゃ、お饅頭でも最中でも何でも"いきなり"ですが(笑)

屋台は大盛況で、チーズチキン大葉巻と、とろーりは早々に完売。
だんだん暖かくなってきて、お客さんも増えてきたようです。
冬の寒くてロマンチックな雰囲気もいいけど、夏の夜の開放的な雰囲気も良いですね。

カップルも目立ちました。
ライトの代わりに、肝属川の上で焚かれる火がとても情熱的で素敵です。
来月は22日日曜日。
18時になったら、リナシティ川沿いでお待ちしております。


4月の焚き火ライブです。
1周年も過ぎ、みんな慣れてきた感じがします。

今月は新たに、ビッグバンドが登場。
映画「スウィングガールズ 」を見てからあこがれているビッグバンド。
楽器ができるって、すごいですよね。
楽しいだろうなぁ。

リナシティにかかる小さくても大勢のこいのぼりが、とてもラブリーです。

お花見です。
桜、夜のがすきです。
田崎公園の桜が好きです。
日本人でよかったと思う季節です。
お花見です。
お花見シーズンだというのに、外は雨ばかり。
「フォレスト」での屋内花見では、なんと本物の桜が天井に!
すごい演出です。
桜吹雪まで味わえる、見事な屋内花見でした。

鹿屋ロータリークラブ50周年式典がホテルさつき苑で行われ、子分であるローターアクトの一員として参加してきました。
一言で50周年と言っても、今は亡き設立メンバーの方々や、たくさんの先輩方の歴史が積み重なって迎えられたこの日を、皆で喜びました。
ゲストには、遠く北海道音更町から音更ロータリーの方々も多数ご参加いただき、友好の深さを感じました。
最後に手に手を取り合って、輪になって歌を歌ったのですが、まったく違う土地に住む普段は交わりのない人たちが、手を取り合って共通の歌を歌えるすばらしさに感涙しました。ロータリーだけでなく他の会でも同じだと思うのですが、名前も顔も知らなくても、こうして出逢い広がっていく友好の輪を大切にしたいですね。

平和であるように。
戦争がおこりませんように。
今私を囲む人たちと、これから出会う人たちを大切に出来るように。
優しい人になりたいです。
鹿屋ロータリークラブ50周年記念事業の一環で、「五体不満足」の著者・乙武洋匡さんの講演会が鹿屋市文化会館でありました。
アクトでボランティアスタッフとして参加した私は駐車場係に任命され、一生懸命やったつもりですがドドドとやってくる車の多さに、いっぱいいっぱいになってしまって・・・。満車になった駐車場の入り口に立って遠くの駐車場を案内し、歩いて来てもらうようお願いするのは心苦しかったです・・・。

会場は、小さいお子さんからお年寄り、障害をもたれた方まで満席の大盛況。一体感があってすごく「あったかいムード」を感じました。
乙武さん、お会いする前からすごいと思ってたけど、やっぱりすごい。
何倍何十倍もの努力が、あの笑顔からは感じさせないものが沢山あるんですね。
教育という現場で今乙武さんが戦っていること、子供たちのいいところを引き出す工夫、前向きなお話をおなかいっぱい聞くことができて、とても勉強になりました。気分も晴れ晴れ。
その後は、4月にOPEN予定の串良町さくら温泉に、桜の木の記念植樹してきました。
駐車場係をしたのも初めての経験だったのですが、植樹も初めて。どのくらい穴を掘るとか、どのくらい肥料を入れるとか、添木をして紐で縛るときには余裕をもたせて・・とかとにかく何もかも知らないことだらけで、これまた勉強になりました。
今後は事あるごとに、植樹をしていきたいと思います。お付き合いください。
撮影の大部分が鹿屋で行われたという映画「チェスト!!!!」がリナシティで先行公開されました。
小学生の錦江湾遠泳をクローズアップしたこの映画は、錦江湾はもちろん、桜島、天文館、鹿児島市内の市電など私たち鹿児島県民にとって馴染みの深いシーンが多く出てきます。特に鹿屋のシーンは多いので、「あ、これあそこだ」とか、映画の内容以外にもいろいろと発見があって、楽しい。
オススメする見所は、なんといっても高嶋政宏&大坪千夏夫妻。もちろん本当の夫婦ではなくて、主人公・吉川くんのお父さんとお母さん役なんですが、イイんです!この二人がすごく。高嶋政宏さんはこれぞ鹿児島のお父さんって感じの豪快さと陽気さがあって、大坪千夏さんの演じるお母さんは底抜けに明るいお母さん像がよく出てる。二人の鹿児島弁にも注目です。

映画の中にも出てくる「郷中教育」。
薩摩藩の武士の教育法で、
・嘘を言うな
・負けるな
・弱いものいじめをするな・・・etc.
大切にしたい教えです。

舞台挨拶での中嶋和也くん(成松くん役)の言葉。「ここの自然、環境はすごい。鹿屋に生まれた皆さんは、もっと誇りを持って。」・・・うぅ。泣かせます。
映画を見て、中嶋くんの言葉を聞いて、鹿児島や鹿屋をもっともっと大事にしなきゃという気持ち、地元のみんなと共有したいです。
チェスト、見に行ってくださいね!  
先月が雨で屋台が中止になったので、久しぶりの焚き火ライブです。

冬は暗くなるのが早いので、夏場よりも時間が少し早めに始まります。
2月の焚き火ライブ。
寒空の下、お客様にはお尻に敷くマットと七輪が配られ、少しでも寒くないようにの配慮がされていました。
今回は、チーズチキンとチャーシューとごぼうの唐揚げを出品。100円という価格もあってか、ごぼうの唐揚げはたちまち売り切れました。どうもありがとうございます。
名曲、赤いスイトピーを歌ったハンチングのお兄さんが、すごく良いんです。歌も上手いし、声もいい。確か11月も聞いた歌声。
それとサザンオールスターズならぬサタンオールスターズ(由来は佐多のようです)。知ってる歌が流れると、やはり口ずさめて楽しさ倍増ですね。

来月くらいからは、少しずつあったかくなって、お客様も増えるのでは。
1ヶ月に一度の楽しい夜に、ぜひチーズチキンを食べに来てください。
鹿屋の市花はバラです。
かのやのばら園は面積8ha、品種4,000種類、株数50,000株で日本一を誇ります。
ばら園では今、バレンタインデーを前にバレンタインデープランなるカップル向のイベントが行われているようです。二人で食べるアツアツスイーツとか。私も食べたい。

そんな「ばらの街かのや」では、ばら園だけでなく市内のいたるところにバラが植えられています。国道220号バイパスは「ばら通り220」と名付けられてシーズンの5月や11月はたくさんのばらが咲き賑わいます。
"ばら"はとってもデリケートな花らしく、日常の管理が大変なんですって。
今日は定期的に行われるお手入れのボランティアに参加してきました。前日の雨のおかげで草はとりやすかったけど、おかげで泥んこまみれですよ。頑張った証拠でしょ?
ばら通りをキレイに。
今回の成果が出るのは暖かくなってから。今年5月の頃です。