大阪で最高においしいプリンに出会いました。

フルージュの森 1番館で頂いたプリン。

その場で食べることができて、表面をカリカリに焼いてくれてクレームブリュレのような要領で。
甘すぎず、柔らかいのに柔らかすぎず。
極上でした。また食べたい。

中のカフェでは食事もできるようです。

わざわざ出かけていきたいお店です。
お見知り置きを。



いやぁ、おいしかったです。
会合などでは年に何回か行きますが、プライベートで行ったのは数年ぶりでした。

今夜は魚な気分で、どこに行こうか迷いに迷って選んだお店。

新鮮な魚のお刺身がすんごくおいしくて、しび鯛のあら煮や塩焼き、んんもう最高。

ちょっとしたハプニングがあって今回あまり長居できなかったので、次はゆっくりと訪れたいな。

 

 

 

場所は鹿屋郵便局のななめ前です。
あら煮を食べて、是非感想を教えてください。
寿7丁目。サンキューの駐車場側の通り、通称ぞうさん公園の前。

新しい飲茶中心の中華のお店です。

今回、1,800円のコースを頂きましたが、サラダ、餃子、シュウマイ、角煮まん・・・最後はデザートまでお腹ぱんぱん、見た目も味も量も大満足でした。

お店の雰囲気も可愛くて、少しずつ出てくるメニューが楽しいし女性向きだなと感じました。
もちろん、男性のお客様もたくさん来てらっしゃいましたよ。

知り合いがデートしてました。

席が一つ一つ壁で覆われて、個室のような雰囲気も味わえます。

ぞうさんの公園を目印に、是非行ってみてください。

 

 

 
「鹿屋で洒落た店を探すなら、ココを押さえとけ。」です。

Koo's Style

鹿屋では誰もが知る「住まいと暮らしのきたやま」前。
きたやまの知名度すごいですからね。鹿屋では。
鹿児島県道553号下高隈川東線のことを「きたやまの通り」といいますから。鹿屋人は。

ランチ&デザートを頂きました。
本日のランチは「桜島鶏のカツレツ」。
チキンカツとどう違うのと思いましたが、食べて納得。
ぜんぜん違いますね。カツレツ。

説明仕切れませんが、カツレツ派です。
おいしかったです。

デザート、綺麗です。

パスタもとってもおいしい。
乾麺では出せない手作り生麺に自信!なだけあって、とってもおいしかったです。

併設する雑貨屋も大好き。
キッチンツールなどが充実してて、フロッシュの洗剤もここで買いました。

どれだけいても飽きない、鹿屋人自慢のスポットです。

 



「森小休」と書いて、「しんこきゅう」と読む。

文字通り、森の奥にあって、心がゆっくり休める場所です。

久しぶりにお会いした、鹿屋体育大学の濱田先生とのお食事を楽しんできました。

場所は鹿屋から35分ほどの肝付町後田。
外灯もなく、夜は真っ暗で足元に気を使うほどです。

そんなところに、こだわり抜いたえこふぁーむの豚と地元の取れたて野菜を使った和風フレンチの味わえるこのレストランホテル。

宿泊施設も兼ね備えて、何もかもを忘れに訪れたい・・・そう思わせます。

食事は2膳のコース。
2つのおかずと、スープ、ご飯、デザートが出てきます。
今夜はお刺身とポークソテー、さつまいものビシソワーズなどがお目見えしましたが、驚くほどに薄味。でも、野菜が甘い。魚が甘い。肉が甘い。
素材の旨さを、ゆっくりゆっくりと味わいます。

おすすめは、2年間かけて作られるという自家製生ハム。
厚めに切った生ハムに魅了されました。


北京オリンピックから戻られたばかりだという濱田先生。
食材もスポーツ選手も「旬」がある。
4年に一度のその舞台に、「旬」を合わせられるかどうかが勝敗をも決める。と教えてくださいました。
「食べ物の旬」「人間の旬」「企業の旬」いろいろな「旬」について考えさせられました。


濱田先生、お会いするたびに元気もやる気も充電されます。
濱田先生の発する一言一言に気づかされ、勉強になり、前向きになれます。
「致知」早速読んでみます。
ちなみに、先生は「幸ちゃん」を「ゆきちゃん」と呼ぶけど、私は「さっちゃん」です(笑)
ありがとうございました。

 

 






最近、こういうのが好みです。

サッパリ和食。
酢の物とか、お刺身とか。

一楽は寿3丁目、水道線通り沿いにある魚料理が得意なお店です。

特にお昼の「あら煮定食」は最高なんだそうです。

夜の会席もおいしく頂きました。
ごちそうさまでした。

 

 


曽於市末吉町南之郷にある、知る人ぞ知る名店です。
20年ほど前に、山の中で偶然見つけたのがきっかけで通っているこの「愛の里」。
「お父さん、怖いよー。」って泣くぐらいの山の中。
道に迷って辿りついたのを覚えています。
今では周りの道路もきれいに整備され、いつも大勢のお客さんでにぎわっています。

「鶏肉を炭火で焼いて食べる」。

ただ、それだけのことなのに、こだわりが伝わるんです。
鶏肉も、野菜も、おにぎりも最高においしい。
ほんとうにおいしい。

古い昔の大きな家がお店になっていて、大きな柱や梁までも趣き深い。
愛にあふれる愛の里。

岩盤浴も隣接されています。

日曜日にゆっくりと出掛けたい、癒しの空間です。









ごちそうさまでした。
前にも紹介した「喫茶いろり」。
幹事の予約のおかげで、夜いろりを満喫してきました。
お刺身、前菜、サラダ、メイン、パスタ、から揚げ、豆腐お好みなど料理がたくさん出てきて感動!
中でも、このでっかいハンバーグ!
テーブルの上で焼いてくれるんです。
おまけに、特殊な鍋とのことでソースも油もちっともはねない。大きなハンバーグにもちゃーんと火がとおってる。
この大きなハンバーグをみんな分に切り分けて、奪い合いのじゃんけんしたりしてとても楽しかったです。
お客様の中には2人でペロリ食べきる方もいらっしゃるようです。
おいしかった。

会の名前は「一美会」。
商工会議所での経営革新塾で知り合ったこのメンバー、鹿屋のことも、経営のことも、前向きに話のできるとても大事な楽しい仲間です。



 
 
 
なべしま鹿屋店、リニューアルしたんですね。

今日行ったら、サラダバーの位置が変わってて、お店全体が洒落た感じに変わってました。
なべしまって「家族で焼肉」みたいなイメージを持ってたのですが、これなら友達同士もデートでも素敵。
たらふく食べました。
お肉(牛肉)を食べると、顔に吹き出物ができます。いや、ホントに。
で、牛肉は控えてるのですが、今日はたらふく食べてしまいました。
食べても太らない体と、お肉食べても吹き出物ができない顔がほしいです。

鹿屋市旭原町ローソン横にある、茅葺屋根が特徴の居酒屋です。

おっきく「ゆるい」って書いてあります。

ここ最近、週に1度行くほどの常連です。
お魚も新鮮だし、旬のお野菜がたくさん食べれてとってもGOODです。
意外なことに、家族でご飯食べに行くとなってどこがいいか聞くと、真っ先にばあちゃんがココを指名するんです。
おしゃれだし、私も気に入ってるので、即賛成。
おしゃれなお店って、照明が落としてあるところが多いでしょ?私は好きなのですが、お年寄りには照度が足りないと聞きます。
そんな中、この「ゆるい」は、うちの80歳のじぃちゃんも喜んでいくお店。

今日のお気に入りメニューは「ゆるい農園畑」。
小さい野菜がかわいい。かわいすぎる。

ロシアンピザの中にはひとつ、ハバネロ入り激辛ピザが!!


皆さんも、是非行ってみてくださいね。